ハーレーダビットソンはアメリカ大陸を象徴する風格

FrontPage

ハーレーダビッドソンはビックバイク!

Harley Davidson = American Big motorcycle
~アメリカを代表するハーレーダビッドソン、なぜ、約1世紀も前にこのような大排気量の大型バイクを作り始めたのか?~

ハーレーダビッドソンは車体サイズが大きい。

車体のサイズ

  • ほとんどの人が知っている、ハーレーダビットソンの大きなVツイン独特の排気音、幅のある燃料タンク、太く大きなタイヤそして独特のサイドバック、その風格はやはりアメリカ大陸の象徴です。
  • 当然ながら、新車価格ビックで、中古車市場も高値で取引されている。
    FLHTCU
  • ハーレーダビッドソン<Harley Davidson>はかたくなにVツインのエンジン形式を守っています。当事インディアンは直列4気筒などヨーロッパ流に近づいていきますが、ハーレーダビットソンは改良こそ重ねますが、Vツインを守り続けてきた。まさに鉄の馬と呼ばれるにふさわしい貫禄だ!

ハーレーダビットソンの排気音は低く、太い。

独特の排気音

  • ハーレーはスタイルもそうだが、形を見なくとも、独特の排気音を聞けば、その存在がわかる、このVインのエンジンは45度の挟み角をもっており、クランク角度がドバッドバッというややアンバランス低音を発している。この音の問題で国産大型バイクと訴訟の発展したこともある。
  • 英国車トライアンフの排気音にしびれるファンも多いがハーレーの音もまた格別だ。
  • 豪華さ、日本で今、よく見かけるのがサイドカー付のハーレーダビッドソン、たいていはあらゆるオプションを取り付け、制服?を身に付け誇らしげにまたがっている、年配の方が多い。こうしたオプションの多さ、アフターマーケットのパーツメーカーが多数存在する。
harley-red

ハーレー スーパーグライドはョッパーの源流。

チョッパー(Chopper)の源流

  • 当時はこれがずいぶん重宝されたようです。チョッパーの源流はスパーグライドといわれています。日本ではハーレーは大事に扱われていますが、アメリカでは1970年当初には古いジャンクのハーレーがたくさんあり、イギリスからの輸入車の中古もバイクショップには豊富にあった。新車やハーレーが買えない若者はこれらの中古ジャンク部品を寄せ集め、自分流のハーレーダビットソン バイクつくりを始めた。
  • ベースはもちろん、ハーレーですが、例えばハンドルは英車のアップでタンクはBSAのもの、フェンダーはトライアンフ(Triumph)の部品を流用(Triumph)といったものでオリジナル ハーレーダビッドソンを作ったわけです。いろいろなバラバラ部品(CHOP)からできたマシンということでチョッパーができたというわけ。さすがアメリカだ。まず、日本では考えられないハーレーダビッドソン改造マシンがバンバンフリーウエイを走っていた。

ハーレーのエンジン排気量はナナヨン

排気量  

  • ハーレー1200をナナヨンといいますが、74の単位はキュウビック・インチのこと、容量であらわしたものだ。
  • 1920年アメリカのトップアリカン-バイクメーカーであるインディアンは1200ccのエンジンを搭載したバイクを作り始めた、広大なアメリカ大陸を横断するのはビックエンジンが必要であった。巡航で100Km/hで走ることが可能であったという。
  • 爆音をとどろかせてフルドレスのハーレーダビットソンが疾走する、若者がハーレーに憧れるのは当然だ。しかし、ハーレーの上級クラスFLHTCU ULTRACLASSIC ELECTRA GLIDE(トップの画像)は現在、本体価格315万だ(105周年記念モデル)国産の中型車と同じぐらいの価格でなかな新車で手に入れるには大変だ。
  • 手ごろな833ccのスポーツスター(Sport star)は88万ちょっとで乗れるのでハーレーのフィリングを味わいたいと思う方にはお奨めだ!ヤフーのオークションで中古で探すのはどうでしょうか?

ハーレーダビットソンは車種が多い。

車種が豊富

  • ハーレーダビットソンの仲間は結構多い。過去においては性能も世界のトップクラスに君臨したこともあるようです。
  • ハーレースプリント(Harley sprint)の性能
    ボアストローク66mmx72mm、246ccで16PS/6500rpm,最高速度は130Km/hをマークした。このエンジンは世界でもトップクラスのシングルOHVといわれている。かつてレースで280Km/h以上をマークしたマシンとベースが同じであったためだ。
Sprint

写真は私が輸入した、ハーレースプリント(Harley sprint)です。型式はやや違いますが同系のものです)

SPORTSTER

手ごろな833ccのスポーツスター(Sport star)はハーレーダビットソンのフィリングを味わいたいと思う方にはお奨めだ!

ハーレーダビットソンの風格と魅力 −部品が豊富−

パーツ入手が簡単

  • ハーレーダビットソンの部品なら本場アメリカです。専門ショップから簡単にカードで購入できます。
  • 部品はOEM、オリジナル多種多様です。日本では車検制度があるのでこれに抵触せず、公道を走れるもの取り付けたいものです。

ハーレーダビッドソンの三輪車は大活躍!

ハーレーダビッドソンのサービーカー(Servicar)といわれるハーレー三輪車は今でも、活躍しています。

ハーレー用品通販カタログ

>>>ハーレー用品が通販で買えます<<<

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional